高松・香西・鬼無・国分・讃岐府中・鴨川


高松駅

高松駅  昭和60年2月撮影。

3代目駅本屋で四国総局本社も兼ねていた。

駅前にあったビジネスホテルの窓から撮影。


香西駅

香西駅  昭和57年10月撮影。

比較的新しく新設された駅は、駅本屋もなく普通列車でさえ停車本数が僅かであった。


鬼無駅

鬼無駅  昭和56年10月撮影。

コンクリート造りの比較的新しい駅本屋。


国分駅

国分駅  昭和58年8月撮影。

昭和50年初め頃に新駅舎に改築された記憶があります。

その他、詫間・粟井・金蔵寺・土佐一宮などが同時期に新駅舎へ改築された。


讃岐府中駅

讃岐府中駅  昭和61年6月撮影。

駅本屋のない駅で、ホーム延長工事中です。

昭和53年10月改正の時刻表を開いてみると、

讃岐府中に停車する列車は午前と午後の1往復のみ。

しかも、高松〜多度津に全駅停車するのは夕方の上り普通のみだった。


鴨川駅

鴨川駅  昭和57年3月撮影。

桜まつりの飾りつけをされた駅本屋。



次へ

当時の四国の駅舎へ


TOPページへ
(記憶のDF50)


inserted by FC2 system